歯の黒ずみを除去する方法は大きく2種類あります。歯を白くしたいんです!

更新日:

歯の黒ずみを除去したいと悩んでいる方へ

歯の黒ずみの除去方法

歯の黒ずみの除去方法

あなたが悩む歯の黒ずみ、きれいな歯にしたいですよね。

最後まで読んで頂ければ、きれいな歯をそして素敵な笑顔が!

 

あなたにとって、黒ずんだ歯がとても嫌で悩んでいる気持ちはわかります。

困った女性
笑ったり、おしゃべりの時に、歯を気にしないといけないのはとてもストレスです。

相手を見ていると、目を見ずに、歯に視線が集中しているように感じますからね。

それが、あなたの勘違いだったとしても、あなたの歯の黒ずみが除去されないと、いつまでたってもほんとのあなたの笑顔を見せることはできませんね。

歯の黒ずみは、黄ばみより印象がひどく見えるのは私だけでしょうか。

今回、あなたが悩む歯の黒ずみについて、除去する方法を説明しますので、参考にしてください。

スポンサーリンク

1.除去方法難易度大:歯の内部が黒ずんでしまっている場合

歯の内部が黒ずんでしまって、簡単には除去できない黒ずみです。

テトラサイクリン

幼少期の薬の副作用で、歯が黒ずんでしまった場合です。

歯の神経による影響

歯の神経が死んでいることで、歯の内部が黒ずんでいる。

コーラのダラダラ飲み

炭酸とコーラの着色で、歯のエナメル質がダメージを負い、変色してしまった

1-1.歯の内部の黒ずみ除去方法

着色汚れではありませんから、除去するには正直、お金がかかります。

自分で改善できるレベルではありません。

自分の歯の黒ずみの原因が、歯の内側から黒ずんでいるのか調べるには、

歯医者で歯のクリーニングを受けてください。

これで、歯の黒ずみが落ちなければ、覚悟を決める必要があります。

私がおすすめするのは、歯医者でなく、審美歯科へ行くことをおすすめします。

歯医者は治療がメインで、ホワイトニングには精通していないところも多いからです。

歯を白くする方法は、黒ずんでいる歯が多いのか、一本だけなのか、費用のこともあるので、審美歯科であなたの歯の状況を調べてもらいどうするのか決めるべきだと思います。

ラミネートべニアやセラミッククラウン、高いところでインプラントを施術することになると思います。

安く簡単に歯のマニキュアという方法もありますが、ムラができる、他の歯と色を合わせるなどむずかしいのでおすすめできません。

2.除去方法難易度小:食べ物による黒ずみ・着色汚れ

あなたの食生活が原因で歯が黒ずんでいる場合です。

食生活以外では、タバコのヤニですね。

黄ばみを通り越して、黒ずんでいるのは、ほんと汚い印象です。

着色する食べ物は、紅茶、カレー、ベリー系の果物、赤ワインなど代表的ですね。

ただ、よく言われるのが、着色する食べ物は控えましょうとありますが、私の考えは違います。

自分の好きなものを抑えるのはストレスです。

しっかり、歯磨きができてないのではないかと思います。

2-1.歯の着色、黒ずみを除去する方法

歯の着色が日々ひどくなっていくのは、やっぱり歯磨きが下手かしっかりできてない証拠です。

歯医者で歯のクリーニングで黒ずみを落とす

とりあえず、今ひどい黒ずみを除去するのに、もっとも効果的な方法は、歯のクリーニングです。

1回3000円程度ですが、かなり着色汚れは落としてくれます。

忙しいかもしれませんが、あなたが最初にすることは歯のクリーニング。

自分でしっかり歯のケア

歯のクリーニング後、歯の白さを継続するには、日々のケアが必要です。

夜寝る前、歯磨きをしっかり、丁寧に、一日の汚れを落としてください。

歯の間はデンタルフロスを使うことも有効です。

食事が終わったすぐは、水で口をクチュクチュゆずぎましょう。

食事後すぐの歯磨きはだめです、最低でも30分後です

3.黒ずみを落とす効果的な歯磨き粉を選びます。

歯磨きをしっかり丁寧にやるといっても、長年自分がやってきたやり方は正直なかなか修正が効きません。

心がけは大事なんですけど。

そこで、あなたが使っている市販の歯磨き粉より効果のある「歯を白くする歯磨き粉」を使うことで着色汚れを抑え、歯の白さを持続させます。

市販の歯磨き粉よりは高いですから、併用するとお得です。

あなたには「歯を白くする歯磨き粉」をおすすめします。

教える女性
早く試すことがポイント。あなたが悩む歯の黄ばみから開放されるのも早くなります。
⇒真剣に黄ばみを取りたいあなたは、歯を白くする歯磨き粉を参考にして下さい

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あなたの参考になれば幸いです。

 

-歯の黄ばみの原因と対策
-, , ,

Copyright© ステキストーリー ドットコム , 2017 AllRights Reserved.