歯医者が重要視する歯の着色予防法とは?白い歯キープに欠かせない

更新日:

歯の着色予防を知って、白い歯キープ

歯医者が教える歯の着色予防法

歯医者が教える歯の着色予防法

今、歯の着色予防について調べている方が多いようです。

あなたも着色予防方法を知りたいですよね。

当然、白い歯をキープ、着色予防には歯磨きが一番大切。

歯医者さんが言うには、夜寝る前の丁寧な歯磨き、朝起きてすぐの歯磨き。

特に夜の歯磨きは一日の汚れをとり、歯の黄ばみ、着色を予防するためにもとても効果的。

今回は食後すぐにできる、歯医者さんが重要視する歯の着色・黄ばみ予防方法です。

子供だって簡単にできます。虫歯予防にも。

参考にしてください。

スポンサーリンク

1.歯医者が重要視する着色予防法とは?

外出先では、食後歯磨きするのはいいんですが、歯ブラシ用意するのは面倒、歯磨きする時間を確保するのも面倒。

私も面倒な一人です。

簡単に歯の着色・黄ばみを予防するためにはどうしたらいいか、私なりにいろいろ調べました。

歯医者さんがすすめる歯磨きで一番重要なのはやっぱり

唾液

歯医者さんはとても唾液を重要視しています。

唾液は、着色・黄ばみを予防、歯の汚れととり、歯垢がつかない、歯石になるのを防ぐ、歯周病予防、虫歯予防も。
食後の歯の再石灰化には唾液は絶対必要。

2.私が考えた簡単な食後の歯の着色予防方法

あなたも絶対できるし、子供も確実にできます。

2-1.食後すぐは水でクチュクチュ

食後すぐは、口内を水でクチュクチュ。

目的は、食べかすが歯に付着するのを防ぎます。

2-2.ガムを噛む

歯医者さんもガムはすすめてますね。

ガムを噛むと唾液が出るし、ガムが歯の表面を清掃する効果も。

でも、砂糖いりのガムはダメ。

やっぱり、おすすめはキシリトールガム。

北欧では歯の手入れに小さいころから、キシリトールガムを噛んでるようです。

しかし、時と場所は選んでください。

仕事場で、クチャクチャ、ガムを噛むと怒られるかもしれません。

2-3.注目!唾液をもっと簡単に出す方法

ガムに頼らずとも、唾液をだし、歯を清掃する方法があります。

やり方は、舌の先端で、歯の裏・表をなぞることです。

なぞっていると唾液が大量に出てきます。

大量の唾液と共に、なぞることで歯の清掃になります。

あなたもちょっとやってみて下さい。

なぞっているうちに、唾液が出てくるのは確認できるはずです。

ガムを買う費用もかからないので、安上がり。

時と場所も選びません、いつでもできます。

歯の裏はいつでもできるけど、歯の表をなぞる時は注意が必要です。

なぞる舌の口の当たっているところがふくらむので、ちょっと恥ずかしい。

手で口を隠せばごまかせると思います。

3.まとめ

以上が、私が考えた歯医者さんが重要とする唾液を使った食後の歯の着色・黄ばみ予防法です。

簡単に歯の着色・黄ばみを予防できるのでおすすめです。

今回紹介したのは、簡単な食後の歯着色予防ですが、すでについている着色・黄ばみを取るのは難しい。

あなたの歯が着色しているなら、歯医者で歯のクリーニング(歯石取りも)をして下さい。

きれいな白い歯になったあと、芸能人みたいな白い歯に憧れるなら、ホワイトニングを考えてみては。

きれいな白い歯を保つためには、食後は今回紹介した唾液で歯磨き、夜寝る前の歯磨き。

いつも使ってる歯磨き粉にホワイトニング効果が薄いなら、歯磨き粉をかえてみては。

あなたには「歯を白くする歯磨き粉」をおすすめします。

⇒あなただって簡単に自宅で歯を白くできる、おすすめ歯磨き粉5選はコチラ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなたの参考になれば幸いです。

 

-歯の黄ばみの原因と対策
-, , ,

Copyright© 歯のホワイトニング情報、歯科衛生士も納得 , 2018 All Rights Reserved.