綿棒で歯を白くする方法、正しい使い方を教えます。価値ある使い方とは?

投稿日:

綿棒で歯を白くする方法、本当に価値ある使い方を紹介

綿棒で歯を白くする方法

綿棒で歯を白くする方法

綿棒で歯を白くする方法をよく紹介されているのを読みますが、否定はしませんがちょっと違和感があります。

歯科医師さんも、「歯についた汚れを取るのに綿棒を使うと簡単に取れますよ」と紹介しています。

綿棒で歯を白くする方法は恥ずかしい

食後、綿棒で歯を掃除するということは、当然自宅ではなく、外出先で使うはず。

あなたもよく目にする光景では、昼食後、歯磨きは見たことはあっても、綿棒で歯を掃除しているのは見たことないのでは?

それはなぜか、綿棒で掃除している様子は

恥ずかしい、かっこ悪い

からではないか。

鏡を見ながら、綿棒で歯の汚れを取っている姿に良い印象はないと勝手に思ってます。

綿棒を使うのは、歯磨きする時間がないほど急いでいる時とも、考えられますが、そんな時は、「歯磨きシート」で歯をササッと拭いて歯の汚れを取る法が簡単です。

歯磨きシートより綿棒の方がコストパフォーマンスはいいと思いますが、100均ダイソーの歯磨きシートも綿棒ほどではありませんが、安くて使い勝手はいいと思います。

もし、歯磨きシートも綿棒もない時に、食後の歯の汚れが気になる時は、ハンカチもしくはティッシュを濡らして、歯の汚れを拭くだけで十分。

綿棒で歯を白くする方法に否定的な意見を書きましたが、食後の歯の汚れを取る効果はあると思います。

ただ、現実的に外出先で使えるのか気になる点です。

スポンサーリンク

綿棒で歯を白くする方法の価値ある使い方

あなたも毎日歯磨きをして、歯をきれいに保つ努力をしていると思います。

でも、歯磨きが上手にできないとか食習慣の関係で、いつの間にか歯の黄ばみが目立ってきます。

そんな時、歯の黄ばみを落とすために、歯磨きを頑張ってもなかなかとれない経験があると思います。

市販の歯磨き粉の限界を知ることになりますが、そんな時、多くの方は、インターネットで「歯の黄ばみを取りたい」、「歯を白くする方法」を検索します。

すると、スマホやパソコンの検索結果画面の上下に広告が出てきますよね。

多くの広告は「歯を白くする歯磨き粉」です。

あなたも見たことありませんか?

「パールホワイトプロEX」や「はははのは」とか。

広告の「歯を白くする歯磨き粉」の最大の特徴は、市販の歯磨き粉の特徴である研磨剤で歯の黄ばみを取ることではなく、化学成分で、歯にキズをつけず、歯の黄ばみをとる成分が多く含まれていることです。

「パールホワイトプロEX」や「はははのは」が使う上で、市販の歯磨き粉と大きく違うのは、歯磨き粉の粘着性が弱い。

だから、歯ブラシにのせるとブラシの奥に行っちゃうので、歯磨きの時、歯へ成分が伝わりにくいという欠点があります。

で、今回のテーマである、「綿棒で歯を白くする方法の本当と価値」。

粘着性の弱い歯磨き粉である「歯を白くする歯磨き粉」は、綿棒につけて、歯につけると、歯磨き粉の成分を逃がすことなく存分に効果が出やすいはずです。

綿棒で歯磨き粉の成分をつけたあと、すぐに口内を水ですすがずにちょっと時間をおくと、より成分が浸透し、歯の黄ばみを取り歯を白くしていきます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたの参考になれば幸いです。

-自宅で自分で歯を白くする方法

Copyright© 歯のホワイトニング情報、歯科衛生士も納得 , 2018 All Rights Reserved.