神経質なお母さんが急増中!赤ちゃんに虫歯菌を移さない努力は報われるのか

投稿日:

赤ちゃんに虫歯菌を移さないのは可能?

ここ数年、もっと前からでしょうか。

赤ちゃんと虫歯菌の問題。

当時話題になったのは、赤ちゃんのころに虫歯菌が口内に移ると、一生虫歯菌は消えない。ということは虫歯になりやすくなる人生が待っているということだった。

また、生まれたての赤ちゃんの口内には虫歯菌は存在しないということ。

虫歯菌の原因は、大人とのチューなどによって、大人が持っている虫歯菌が赤ちゃんへ口移しされているためだとか。

逆に言うと、スキンシップの一環であるチューなどしないと虫歯菌が移ることもなく、将来子供が虫歯に悩むことがないそうです。

現実的に虫歯菌がとても少ない大人がいるそうです。

お母さんの果てしない努力

あるお母さんは自分の子供に虫歯菌がつかないように神経質過ぎる位注意しながら生活していたそうです。

例えば、

・子供にチューはしない

・自分を含め、他人が使った箸は絶対使わせない

・大人の唾液が絶対つかないように、コップも別にする。

理解のある旦那さんでも、度が過ぎると険悪な関係になったり。

でも、お母さんの努力が少しずつ、崩れていくことになります。

それは、子供が幼稚園や保育園に通うようになると、子供の行動をカバーできなくなるからです。

子供同士でチューすることもあったり、ごはん時の行動で先生の唾液が移ったりと。

お母さんの努力も限界があります。

歯医者さん曰く

よっぽど運がよくない限り、日常生活で虫歯菌がうつされない状況が続くのは奇跡

歯医者さんが子供の虫歯について絶対やっておきたい行動を教えてくれました。

歯医者が教える虫歯予防

当然、歯磨きをしっかりしてほしいのは当たり前。

赤ちゃんや小さい子供に特に注意してほしいこと。

・グミやあめ、キャラメルは与えない。理由は、長時間口の中にあるために、エナメル質に悪影響を与えるため

・炭酸系の飲み物を与えない。理由は、酸性が強く、エナメル質を溶かしてしまうから

・家族も含め大人も歯のケアを行う。理由は、大人の口内に虫歯菌、歯周病菌や着色汚れがあると子供に悪影響を与える可能性が高いから。

大人がしっかり歯磨きをする姿を子供に見せたり、歯を大切にしていることを学ばせるいいチャンス。

ある歯医者さんの指導内容を紹介します。

お菓子に砂糖が入ったものを与えない。理由は虫歯になりにくく、偏食にもなりにくいそうです。

歯医者さんが教える虫歯予防はどうでしたか。

難しくないので是非やってみて下さい。

もし、虫歯になったら、小さい子供が泣き叫びながら、歯医者で治療される姿は親でも見たくありませんよね。


最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたの参考になれば幸いです。

-歯を白くする方法雑学
-,

Copyright© ステキストーリー ドットコム , 2017 All Rights Reserved.