イチゴが歯を白くするってホント?白くする成分もあるけど、ダメージ成分もどっちが正解

更新日:

イチゴで歯を白くできるか、関心がある方へ

イチゴで歯を白く

イチゴで歯を白く

イチゴで歯を白くする方法がネットで紹介されてますね。

イチゴの成分に歯を白くする成分が入っているとか。

イチゴを作っている農家さんは、やっぱり歯が白いんでしょうか。

一般の方よりは、はるかに多く食べていると思うんですけど。

現実的に、歯を白くできるのか、管理人の調査結果を紹介します。

スポンサーリンク

1.具体的なイチゴで歯を白くする方法

最初は、イチゴを使った歯を白くする方法を説明します。

手順

  1. イチゴをスプーンなどで潰します。
  2. 潰したイチゴを歯にぬります。
  3. そのまま3分ほど放置
  4. 軽く、歯ブラシでブラッシングし、水ですすぎます。

上記手順を毎日続けていけば、歯が白くなっていくそうです

2.イチゴの歯を白くする成分

2-1.ビタミンC

アンチエイジングの代表格であるビタミンC、肌にいいのは有名ですね。

ビタミンCは「コラーゲン合成促進効果」があるので、歯周病撃退と歯茎の健康を保つ効果があるそうです。

また、歯の黄ばみを剥がす効果も確認されているそうです。

ビタミンCは、口内のトータルケアに効果がある成分です。

2-2.リンゴ酸

リンゴ酸も歯の黄ばみを剥がして、再付着を抑える効果があるそうです。

リンゴ酸を含んでいる美白用歯磨き粉もよくみます

2-3.キシリトール

歯を白くする成分とは違いますが、紹介します。

あなたも、イチゴにキシリトールが入っているなんて、知らなかったんじゃありませんか。

イチゴ100gにキシリトール約350mgが入っているそうです。

キシリトールと言えば、虫歯予防に効果があるのはご存じですね

3.イチゴには歯にダメージ成分もある?

イチゴにはクエン酸が含まれています。

確かに、イチゴもレモンほどはないですが、酸っぱいですよね。

イチゴにはクエン酸が多く含まれています。

潰したイチゴを歯につけることによって、歯・口内が酸性になりエナメル質の弱体化を促進し、歯にキズが付きやすく歯の黄ばみを助長することになります。

また、イチゴをつけたままブラッシングすることにより、一層歯を傷つけることになります。

4.結論:イチゴで歯を白くできるのか?

最初に整理しておきたいことがあります。

イチゴの成分は「歯を白くする」ではなく、「歯の黄ばみを取る」成分である。

ここは勘違いしないでほしいところです。

歯の黄ばみが取れ、本来の歯の色になるということです。

4-1.私が考えた結論「イチゴで歯を白くできるのか」

成分的に見ると、「歯の黄ばみを取る成分」であるリンゴ酸は極少量しか入っていません。

クエン酸はリンゴ酸よりはるかに多く入っています。

ビタミンCは歯の黄ばみを取る効果は些細であり、歯茎を健康にする効果が大きいんです。

イチゴは歯を白くするどころか、歯にダメージを与える果物と言えそうです。

 

5.まとめ

イチゴを「歯を白くする道具」として使わず、おいしく食べて下さい。

また、毎日イチゴを1個使うなんて、支出的にもバカにできないし、第一もったないと思いませんか。

歯の黄ばみを取って歯を白くしたいなら、歯医者で歯のクリーニングをして下さい。

歯医者に行く時間がないと言う方には、自分で白くする歯磨き粉方法を紹介します。

⇒あなただって簡単に自宅で歯を白くできる、おすすめ歯磨き粉ランキングはコチラ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなたの参考になれば幸いです。

 

 

-歯を白くする裏技
-, ,

Copyright© ステキストーリー ドットコム , 2017 All Rights Reserved.